スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水富美加の不倫→出家騒動、幸福の科学の大誤算

もはや大川隆法および
幸福の科学の「自滅劇」でしかなくなっているこの騒動

清水富美加が不倫していたことが露見することとなり
清水富美加の印象も、教団の印象も地に落ちた感があります。

清水富美加が「不倫」していたことを、大川隆法は分からなかったまま
「出家」を許可し「法名」まで授与したが、その後に露見して知る形となり
本人には反省を促しました、などという場当たり的なコメントを教団が出している。

「不倫してた人間」を 「教団を代表する宗教者」として「法名認定」したわけで
大川隆法には霊能力などありませんと、世間に暴露したようなものです。

今回の出家騒動は、教団にとってはマイナス要素にしかなりませんね。

若い世代にはほとんど認知度がなかったのが
今回の騒動で「カルト宗教」としてバッチリ認知されてしまい
新しい信者獲得が以前よりもはるかに難しくなったでしょうし

休眠会員や幽霊会員になっていた眠れる信者層を
改めて揺り動かして、教団への不信感を強めることになったでしょう。
これを機会にして、正式に脱会する休眠会員が増えそうです。

というわけで、
大川隆法が自滅して終結した今回の騒動については
これ以上コメントすることも特にありませんので
世間が落ち着くまでは記事更新をしばらく停止いたします。

今や脱会した信者数の方が、現存する活動信者よりはるかに多いであろう
と思われる最近の状況で、かつ、現存する活動信者はシニア世代が多く
ITリテラシーがなくアンチ情報に触れる機会が無いものと思われます。

すでにネット上には脱会を後押しするだけの十分な質と量の情報があります。
(大川隆法の実態、教団の内部事情、教義のパクリ疑惑と霊言のウソ 等々)

大川と教団はもう立つ瀬が無いジリ貧に追い込まれています。
焦りからあの手この手で騒動を起して、自滅を早めていくのでしょう。

自己愛性パーソナリティー障害者が実刑判決を受ける事件が起きています。
相模原市の「津久井やまゆり園」で入所中の知的障害者ら46人が殺傷された事件で

大川隆法の逮捕劇ももうすぐそこまで見えてきた気がしますね。
昨年夏の家宅捜査で、警察は教団と党本部の金の出入りを把握したと思われます。
次の衆院選前後に何らかの動きがあるかもしれませんね。

いずれにしても、今後の流れとしては
芸能事務所と訴訟合戦して消耗するもよし、国政選挙で資金流出するもよし。
もはや教団縮小の流れは加速していく一方ですからね。
ネット上でアンチが騒いで教団を叩くまでもないのかなと感じます。

ちなみに、それでも教団にダメージを与えるために何かせずにはいられない
というアンチ諸氏がいましたら、いちばん効果的なのは現存している
活動会員(60才前後のシニア層)への暴露情報ポスティングでしょうか。
ネット上の空中情報戦より、地上戦のほうが効果的な局面に入っていると思います。

現段階で比較的信者が多い地方は、名古屋、大阪、沖縄です。
このエリアに住んでいらっしゃるアンチ諸氏は
最近脱会した元信者さんたちと連携を取って
いま活動信者として残っているメンバーがどういう人なのか?
という情報を共有した上で、

印刷されたアンチ情報の紙媒体 ※
※ エル・バカターレさんがブログ「サンポール」で用意されている紙面など
おうちの郵便受けにポスティングしていくのが地道で効果的かと思います。
優先順位が高いのは、年間の寄付金額が比較的多い会員です。

内容としては

・大川隆法が自己愛性人格障害であること
・基本教義がパクリでしかなく、霊言もただの自作自演にすぎないこと
・大川きょう子との離婚劇の真相がどうだったのか?
・信者数の実態がどのぐらいか?(本部発表との矛盾をつく)
・植福金額や祈願研修費の「目安表示」が違法性を含んでいること


上のあたりの記事が一番効果的ではないかと思います。

活動信者がまだ残存しているのは、
教祖、教義、教団のいずれかに対する信頼が残っているためです。
それが疑問→不信→確信に変わっていけば脱会候補者になります。

とは言っても、現時点でまだ活動会員として残っていて
年間の植福額も多いような信者は、そうとうに洗脳度合いが深くて
なかなか簡単ではないでしょうけれど。

まあ信者本人が手に取って見るかどうかは分かりませんが
家族が見るだけでも、退会方法や引き落とし停止方法が分かれば
ずいぶんと包囲網が狭まってくる
ことでしょう。

すぐには効果は出なくても、これが何回も累積していって
本人が何かのタイミングで教団や教祖に不信感を持つようになれば
その時点で確実に効いてくるかもしれません。



というわけで、今後の課題としては、
脱会した後の元信者のフォローがメインの働きと
なっていくのかな、と思わされています。

他の記事でも書いていますが、幸福の科学の信者(脱会した元信者含め)には
共通したパーソナリティー上の脆さや不安定さが多く見られます。

彼ら自身のパーソナリティ上の問題がその後どう解決されているのか?
という点が、私の現時点での大きな関心事です。
もはやバカ教祖が自滅するために騒ぎ立てている教団の内情など眼中にありません。

パーソナリティ上の不安定さや脆さといった彼ら自身の抱えている問題は
幸福の科学という宗教団体から抜けて、別のBという宗教団体に移籍しました
といったようなことで単純に解決することではありません。

・彼らがどう自分自身の不安定さや心理的脆さと向かい合っていけばよいのか?

・彼らが「宗教」と健全につき合うためにはどうしたらいいか?
 ⇒ パーソナリティ障害傾向がある人にとって、好ましい宗教観・宗教活動は何か?

・なぜ自己愛性パーソナリティ障害は、ナショナリズム(国粋主義)に親和性が強いのか?


といったあたりの記事を書いてみるつもりです。

というわけで、清水騒動について世間が落ち着いた頃合いで
脱会者ケアを目的とした新記事シリーズを再開します。
スポンサーサイト

なぜそんな言動をするのか?理解しがたい人たち -清水富美加 出家の真実は?

清水富美加&幸福の科学出家 騒動に対して
ネット上の一般人の反応や、ワイドショーのコメンテーターの発言で共通しているのは

「何が目的なのか?」、「どうしてそういう行動に出たのか?」が分からない。
という点ではないかと思います。ゆえに不可解で不気味であると。

私たちは、誰かが何かの行動をするには
その背後に、起したアクションによってもたらされると
期待している結果や利益があるはずで、それが動機なんだ、と考えています。

こういう動機や目的で、この行動を起したんだろう、と推測します。

その「一般人ならこう感じたり考えるよね」という動機モデル
今回の清水富美加騒動に当てはめて理解しようとする。

例えば、この時期にわざわざ出家騒動を起したのには
何か筋道立った一貫した「計画的な狙い」「隠された意図」があるのではないだろうか?
とか

教団に著しい利益・利得があることを期待して
それを目的として、今回の騒動を起したのだ、と解釈しようとする。

しかし、その世間一般的な動機モデルでは
大川隆法が起した清水富美加騒動について理解不能な点が多すぎる。

実際には、大川隆法は「世間一般の通常人ならこう考える」という思考枠組みで
感じたり、考えたり、行動したりしていない
可能性がきわめて高い。

slpd2


非行少年が非行を起した場合に、その子供の目線にまで下りて
その子供がどのような認識をもち、どのような心的体験をしているのか
(=どのように感じて、何を思っているのか)を観察(共感)するしかないのと同じように

自己愛性パーソナリティー障害演技性パーソナリティー障害の人たちが
どのように感じて、どのように思って行動しているか、を観察するしかありません。

SLPD1


そして、彼らの「動機モデル」は世間一般の常識的モデルとはかなり違っています。

普通ならば「なんでそんなこと考えるの?」「まったく訳が分からない」という次元で
彼らの動機や行動は組み立てられているのです。


その異常性、特異性によくよく注目したほうが理解しやすい、と思います。



<大川隆法の動機は「ただ注目されたかった」それだけ>

今回の件について、この時期に、あえてこういう方法で
事件を起したのだから、教団にとって何かの利得(信者が増えるor金が入る等)があるだろう
いった筋書き、シナリオ、企画が何かあるのだろうと私たちはあれこそ推測する。

しかし、事を起した当の本人(大川隆法)には、そんな複雑な筋書きやら
利益獲得のための計画的かつ用意周到なシナリオがあったわけでは全くない。
というのが実際のところではないか、と思います。

今回の事件の動機はいたって単純なものです。
「世間の注目を浴びたい」「自分の名前を知らしめたい」
ただそれだけのことです。

その後のことがどうなるかなんて、最初から頭に無いのです。

そのアクションによって、結果的に信者が増えるのかとか、教団が儲かるのか
といったような商人的なソロバン計算があったわけではありません。


もしかすると、芸能事務所レプロをブラック企業(悪)に仕立てて
幸福の科学を駆け込み寺・救済者(善)として評価させる、というシナリオも
大川自身がそこまでシナリオ設定を事前に考えて仕掛けたとも思えない。

たぶん、大川の頭の中には、清水富美加という有名人カードを使って
「自分に世間を注目させたい」という衝動しかなかったのではないか
、と思われる。

大川に騒ぎを起すように急かされた幹部(里村あたり)が
苦肉の策でひねり出した急場しのぎのハリボテ(後付の対応)だったのでは?という気がします。

犯罪プロファイリングとして、大川隆法というパーソナリティを分析するならば
彼には長期的な視点で利益になるかどうかを計算できるような
計画性や理性的思慮がそもそも欠落している人物です。


至上目的は「世間の注目をいかに引くか」という一点に尽きるのです。

なぜ、このタイミングだったのか?
それは、大川隆法の中に「注目されたい衝動」がたまたま先月末に高まっただけのことです。
その衝動を短絡的に行動化したのが、今回の騒動なのでしょう。

世間の大人たち(ジャーナリストやコメンテーター含めて)は、
まさかカルト的権力者である教団の教祖がそんな幼稚な理由で
愚にもつかない騒動を起すとはこれっぽっちも思わない


だからこそ、その背後にある意図はなにか、狙いは何かと
裏にあるだろう高尚深遠な動機を探ろうとする。
しかし、そんなものは最初から存在しない。

小学校の下校途中の帰り道に、おもちゃ屋に発売されたばかりの
おもちゃがあるのを見つけて、もう欲しくて欲しくてしかたなくなって
その衝動を抑えきれずに、後先のことは何も考えずに
おもちゃを万引きして走って逃げる子供、と大して変わりません。

精神的・人格的な発達が未熟な段階で止まっている発達障害
だからこそ、いい大人がなんでそんな愚かなことを?を思うような
幼稚な言動でも彼らは平気でやってのけるのです。



<「結果の予測」がまだできていない可能性も>

そして、大川隆法自身は、現時点では
「騒ぎを仕掛けてうまくいった。メディアで取り上げられて注目を浴びた!」
と言って未だに喜んでいる=ヘマをした認識すらない可能性があります。

世間的に見れば=健全に発達した大人から見れば
このタイミングで、騒ぎ・訴訟を起し、このタイミングで告白本を出版する
ということが、教団にとっていかに不利な印象を与えていくか?
が予測できる。


それは、私たちは「こういう行動をされたら、相手はこう感じるよね」という
通常の共感性、相手の心を推察するモデル=「心の理論」を共有しているからです。

しかし、大川隆法は重度の自己愛性パーソナリティー障害の疑いが濃厚であるから
他人ならば、自分のしたアクションによって、どのように思うか、どう感じるか?
ということを「共感」「推測」することが難しい
。要はKY(空気読めない)です。

だからこそ、平気で恥ずかしくも無く、自分が「神」だと言ってみたり
裁判係争中にも関わらず、平気で相手の神経を逆なでする霊言本を出したりする。

自閉症


こういう言動をしたら、周囲の人たちはどう感じるだろうか?という
通常の健常者なら誰しもが持っている「心の解釈回路」が欠落しているのです。

自己愛性パーソナリティー障害以外でも、アスペルガー症候群や自閉症の人たちも
他人がどう感じているか、どう思っているかを、理解して共感することが苦手です。

心の理論

発達段階において、相手の心の動きを理解し解釈するための
「心の理論」が未修得であるからだ、と発達心理学では考えられています。

例えば、上の画像にある「サリーとアンの問題」では、
アスペルガーや自閉症の子供たちは、部屋に帰ってきたサリーが
最初に「バスケット」ではなく「箱」を空けて絵本を探す、と回答しやすいそうです。
サリーだったらどう思うか?という共感化が不得意なのです。

大川隆法と、教団職員、幸福の信者の多くが
似た者同士で同じように自己愛性パーソナリティ障害の傾向が強いとすると

今回の騒動で、世間はすでに幸福の科学と清水富美加に対して
疑いの確信を向け始めて、マイナス印象を強く抱き始めている
にも関わらず

そうした周囲の他者がどう感じ思っているか?を正しく認識できない
大川隆法以下のコーフク信者はいまだに「メディアに注目されて万歳!」
といった程度のおめでたい認識しか持っていない可能性があります。

もともと、自己愛性パーソナリティ障害の人は
現実をありのままに見て受け止めることができません。
自分に都合の良い情報、自己愛的な妄想観念に引き篭もる傾向があります。

(トランプ大統領も、自己愛性パーソナリティ障害の傾向性が多々伺えます。
大川が盛んにトランプを持ち上げるのは強い親和性があるためでしょう。
まるで自分を鏡で写して見ているような親和性を感じるのではないかと思います。)

彼らが自分たちのやったアクションの失態を自覚するのは
もう少し時間が経ってからではないか
という気がします。
その時になって後手後手の対応をしようとしても、時すでに遅しですが。

清水富美加の出家、幸福の科学の思惑を読む

事態の進展に伴って、事の全体像がだいぶ見えてきたように感じます。

今回の騒動を通して、
大川隆法および教団が何を得ようと期待したのか?
どういう筋書き・思惑で騒動を起そうとしたのか?


その概要が見えてきたように思います。

1月26日に清水さんに大川が面談していたことがリークされています。
1月中の清水さんは、今後の芸能活動について前向きに事務所と相談していた
しかし、大川と面談して急に引退出家へと変わった。

ということは、今回の電撃出家は
大川隆法の主導・指示による茶番劇である可能性が高いですね。

おそらく、教団側の思惑、当初思い描いていたシナリオはこうでしょう。

「悪徳芸能事務所レプロ」によって、劣悪な労働を強いられて
清水富美加が「死ぬかもしれない精神状態」に追い込まれた。

私たち幸福の科学は清水富美加をブラック企業から守って
救済した「正義の宗教」であるのだ。

そして、世間の評判が上がることを期待したのでしょう。
特に若い世代への教団の好感度が上がるものと期待した。

結果としては、ものの見事に思惑は外れて
教団への不信感だけが拡大された。


ポイントは、清水富美加が「死ぬかもしれない切迫した状態」だという
診断書をかいた医師が誰なのか?
教団信者なのかどうか?

という点に移ってきそうですね。

そもそも、この診断書の内容を主張しているのは
今のところ教団側だけなのですから。

ここが崩れれば、一気にメディアによる
幸福の科学バッシングが激しくなるでしょう。


月給5万でコキ使っていったブラック企業というレッテル貼り
ブレイク後の年収が1000万円だったことが分かって無効になった。

教団側の設定したレッテルがだいぶ剥がれ始めています。



さらに今後は、出家後の清水富美加をどう扱うか?

アニヲタ長男がやってる道楽芸能事務所
清水富美加を入れて、教団の映画に出させようものなら

別の芸能事務所からの引き抜き・移籍ということになりますから
公開予定映画の違約金を支払え、という
損害賠償請求をされる可能性が出てきます。

悪徳事務所から清水富美加を保護した
善意の宗教団体とはおよそ言えなくなる。


最初から広告塔として利用して
引き抜くつもりだったのか!?ということになる。


さらに、清水富美加をアニヲタ長男の嫁にでもしようものなら
世間からどれだけ白い目で見られることか?

今回の事件について、アニヲタ長男がどこまで関与しているのかは不明ですが
今後の動向次第では、長男も相当バッシングを受けるでしょうね。

こうなっていくと、教団にとって今回の事件はプラスどころか
途方も無いマイナスイメージの拡大となっていくでしょうね。

清水富美加の父(信者)が
会社倒産して5000万円の負債がある

という報道がされていますが、さすが「没落の法則」です。

(同じような事例を幾つか聞いていますので、今や教団内には
ほとんど有力な大黒天信者がいなくなっているのでしょう。)

教団が信者の負債を肩代わりしたなんて人道的な美談は
これまで聞いたことがないので、その線は薄いのではないかと思いますが

もしかしたら、出家したら
父親の負債の補てんをするという取引
教団側から提示されているのかもしれませんね。
そこらへんは今後明らかになっていくでしょう。

以上から、今回の騒動の主犯者は 大川隆法自身であることが明らか。

芸能事務所を絶対悪自分を絶対善、という白黒二分法で色分けして
相手を攻撃すれば、自分のところの株が上がると読んだのでしょう。

専門的には「スプリッティング」と言いますけど
境界性人格障害なんかのパーソナリティー障害の人たちがよくやる言動の仕方です。

いつものように、幼稚な思惑で、節操なく衝動的に騒ぎを起して
将来有望な広告塔を自分で潰して、教団への不信感を拡大して終わる。
その「自滅のお手際」は見事と言わざるを得ません。

例えば、5月の契約満了まで待って、公開作品が全部終わってから
円満退社して出家します。信者宣言します。でも何の問題も無かったはず。

それをあえて、こんな泥沼劇に仕立てて騒動を起すあたりが
やはり大川隆法は筋金入りの「パーソナリティー障害」だと思わされます。
円滑な社会関係を営めない、という特徴が現われていますね。

今回の騒動で、あまり「幸福の科学」のことを知らない若い世代が
この教団の危険性、カルト性を広く知るようになって
要注意のレッテルが貼られて、かえって良かったのではないか
、という気がします。

大川の自作自演が裏目に出て、今後はいよいよ伝道しにくくなるでしょうね。



2017年2月18日追記

『全部 言っちゃうね』 なる 清水富美加の名による告白本が
昨日、幸福の科学出版 から出されたもようです。

大川隆法はもはや錯乱状態なんでしょう。
自分の起したアクションがどういう結果を招くか?という
理性的な見通しなど全く立っていないのでしょうね。

このタイミングで「清水富美加の告白本」を出したとなると

・ なぜドクターストップで6ヶ月静養と言われて、教団内に軟禁されているはずの人が
 こんな猛スピードで告白本を書けるぐらいに元気なのか?


・ タイトル「言っちゃうね」からして、欝で死にそうな人間の言葉とは思えない。
  ⇒ どこまで本人の執筆によるのか?
  ⇒ 前文だけ本人直筆でおそらく本文は教団作成。

・ そもそも教団が主張している 診断書 が実在するのか?
 ⇒ 清水富美加をかくまっている医者自体が教団関係者ではないのか?

騒ぎに便乗しての出版商法なんだな、と世間には思われて当然

・ 結局、清水富美加は教団の広告塔として利用されたのか、と世間は納得する

というわけで、教団が今回の騒動の黒幕が自身であることを暴露したようなもの
先の見通しもなく、場当たり的に騒ぐしか能が無い大川隆法のお粗末さ。

ところで、出家が6000人に1人のケース?だとか言ってますが
(1200万人信者で職員2000人だ、とメディアに対して吹聴しているらしい)

活動信者5000人前後しかおらず
職員もリストラで半分近く減って400人以下になっている。

6000人に1人どころか、10人に1人は職員という計算になる。
幼稚園のお遊戯会の演劇で主役をやるほうがずっと難しい、というのが現実ですね。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

remonstrateHS

Author:remonstrateHS
教団ぐるみで隠蔽されている「大川隆法の実態」「教団内部の実態」「教義や霊言のウソ」を知り、数年前に「脱会」した元信者です。

「教団の被害」に逢われている方、脱会を検討している現信者さんの「脱会の手助け」になれればと思っています。

支部精舎での活動実態、総合本部・政党の実態など、私が(婦人部)活動中に知りえた「内部の事実」をお伝えします。

教団が発表するお決まりの「ウソ情報」「大本営発表」に騙され踊らされないように、正しい情報を見極める力を持って頂ければと思います。

月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。