スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年間本ランキング」で分かる「幸福の科学」の教団規模

書籍売上のランキングはこれまで
「トーハン」「日販」といった「書籍卸」による集計だけでした。

「幸福の科学」は「トーハン年間ベストセラー」で○位でした。
紀伊國屋書店、丸善など大手書店での「当店ベストセラー」で○位でした。

という「喧伝」を相変わらず繰り返しています。

本当に、彼らが言っているように
「実際に売れている」のでしょうか?

実は、トーハンや大手書店のランキングには「カラクリ」があって
ある程度、出版社側が「操作する」ことが可能なのです。

どういうことかと言うと

「書籍卸」がカウントしているのは「中間流通量」です。

書籍卸、出版社、小売店の関係

出版社から「トーハン」に搬入され、
「小売店」へと移動した「流通量」なのです。
「取扱(取次)部数」と言われます)

出版社が「大量に印刷」した本を
「トーハン」等に持ち込んで、小売店へ流通させることで
「流通量」(取次部数)を膨らませることができるわけです。

つまり、これは実際に「小売店」で「売られた数」とは違いますし
小売店側の「返品率」は考慮されていません。



また、丸善や紀伊國屋書店といった「大手書店ランキング」

地域の信者を総動員して、特定の「店舗」で買わせるようにすれば
当初のノルマ数をクリアすることは容易です。


<「実売部数」に基づくランキング実態>

こうした「恣意的な操作」が通用しない指標として
「推定実売部数」という数値があります。

2008年から「オリコンスタイル」というサイトで
この「推定実売部数」に基づく「正確なデータ」が公表され始めました。

毎年の「上半期」「年間」のランキング
それぞれ50位まで公表され、実売部数が明記されています。

これによって「幸福の科学の嘘」は通用しなくなった、ということです。

いわゆる「毎年の戦略経典」が
実売部数でのランキングが何位で、何冊売れたのか?が丸わかりです。

以下に、各年度の上半期、下半期リンクを載せておきます。
いったい何位に「○○の法」が入っているのか、調べてみましょう。

◆2011年◆
⇒ (リンク)2011年 年間ランキング

⇒ (リンク)2011年 上半期ランキング

◆2010年◆
⇒(リンク)2010年 年間ランキング

⇒(リンク)2010年 上半期ランキング

◆2009年◆

⇒(リンク)2009年 年間ランキング


⇒(リンク)2009年 上半期ランキング


◆2008年◆

⇒(リンク)2008年 年間ランキング


⇒(リンク)2008年 上半期ランキング



<「実売部数」の推移から分かること>

それでは、以下に過去4年間の「実売部数の推移」を整理してみましょう。

年度    戦略経典    上半期       年間

2008年  「生命の法」   10万冊(33位)    -(ランク圏外)

2009年  「勇気の法」   -(ランク圏外)   -(ランク圏外)

2010年  「創造の法」   17.6万冊(27位)   21.9万冊(42位)

2011年  「救世の法」   16.4万冊(39位)   -(ランク圏外)


平均して10~20万冊ですね。
ランキングの順位も、たいした順位じゃありません。

2009年は上半期、年間ともにランク外になっています。

おそらく、衆院選に100億円も使ったことと
活動信者が「選挙運動」だけに集中したために
出版関係の「ノルマ消化」が進まなかった
のでしょう。

(言い換えれば、信者以外の一般人は誰も買っていないという証拠です。)

その翌2010年は、出版ノルマに相当に力を入れたようで
なんとか「50位以内」をクリアしていますが

今年2011年は、信者激減の影響が大きかったのでしょう。
年間ランキングからは消滅しました。

年間ランキングでは「50位圏外」が3年もあります。
まず「20万冊」以上売れることはない、というのが現状です。

忘れてはならないのは、活動信者たちが
各支部ごとの「年間ノルマ」に従って
1人で10~20冊の「戦略経典」を買っている、という事実です。

その「1人当たり消化冊数」で割れば、
会員数の実態レベルが分かるわけです。

その数たるや「5000人前後、10000人未満」であろうと推定できます。

上半期と年間を比較すれば、ほとんど増えていないこともわかります。

上半期の「出荷量」に対して
プラス3~4万冊ぐらい上乗せされているだけです。

つまり、12月末に「○○の法」が出版されると

大量に印刷をかけて、幸福の科学出版から
「トーハン」等の卸業者に搬入します。

これが行われるのが、毎年12月末~2月です。
この時期を過ぎると、週間ランキングから消えます。

この時点で、
毎年の「最低発行部数」のノルマがあるのでしょう。
実売部数から考えて、およそ30万冊以上のようです。

実際にどれだけ売れるかどうか?なんてお構いなしに

毎年の年末年始あたりに、年中行事のように
ノルマに従って「30万冊」以上印刷し、トーハン以下にばら撒くわけです。

おそらく「返品本」の大半は「無駄なコスト」として
毎年かなりの赤字負担になっているはずです。

つまり、書店から「返品」されて
出版の倉庫に積み上げられた経典が
「支部送り」または「廃棄」になっているはずです。

しかし、大川隆法のメンツ(虚栄心)に関わることですから
教団側は、赤字になろうが、印刷して卸業者に押し込むわけです。

そして、流通量を「水増し」して
なんとか「トーハンの年間ベストセラー」に滑り込ませる

という姑息な操作をやっているわけです。

おそらく、上半期に「返品」された書籍の多くは
下半期(年末)になると、

「幸福の科学出版」⇒「トーハン」を再び経由して
「各支部」へと運び込まれます。

そして、各支部で「残りのノルマ数」を消化調整させる
(活動会員に買わせる)わけです。

つまり、上半期と下半期(年末)の大きく2回に分けて
「トーハン」等の卸業者に「流通」させることによって

「書店」への搬入、
「支部精舎」への搬入、というダブルカウントによって
トーハン等への「取次部数」を水増ししているわけです。

つまり、トーハン等の出している「年間ベストセラーの順位」は
こうした「取次部数のダブルカウント手法」によって
2倍近くに「水増し」された数値によるハッタリである、ということです。

オリコンが公表している「実売部数」と
トーハン等が出している「取次部数」が大きく食い違うのは
おそらく、こうした「姑息なカラクリ」によるものでしょう。

映画動員、本ランキング、のいずれにしても
教団側によって「作り出された虚構」「ハリボテ」に過ぎません。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

remonstrateHS

Author:remonstrateHS
教団ぐるみで隠蔽されている「大川隆法の実態」「教団内部の実態」「教義や霊言のウソ」を知り、数年前に「脱会」した元信者です。

「教団の被害」に逢われている方、脱会を検討している現信者さんの「脱会の手助け」になれればと思っています。

支部精舎での活動実態、総合本部・政党の実態など、私が(婦人部)活動中に知りえた「内部の事実」をお伝えします。

教団が発表するお決まりの「ウソ情報」「大本営発表」に騙され踊らされないように、正しい情報を見極める力を持って頂ければと思います。

月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。