大川隆法が「異常人格」になったわけ -「成育歴」を読み解く-

大川隆法が「かなり重症」の「自己愛性人格障害」であって

そこから「精神病」質の「誇大妄想」
「被害妄想」「遷移型の鬱」がたびたび生じている

ということは、
前回の記事でお分かりになったかと思います。

今回は、あのような「歪んだ異常人格」が
いったいどのようなメカニズムで生じたのか?


という「中川家の成育歴」に焦点を当てたお話です。


<親に「無視」されて育った大川隆法>

子供は、親から「気にかけてもらって」

「愛情や関心」を注いでもらわないと
健全な「心理発達」をしていくことができません。

しかし、親自身が「精神的に不安定」であったり
親自身が「異常人格」である場合は

自分自身のことで、もう手一杯ですから、子供に対して
「安定的」な「愛情と関心」を注ぐことができません。

子育てにおいて、

子供に「愛情や関心」を示さない
そういった親の養育態度を、

心理学では「ネグレクト」と言っています。
ある意味での「育児放棄」とも言えます。

この「ネグレクト」は、
家庭の「経済状態とは無関係」に生じます。

金銭的に豊かな「大富豪」の家庭においても、
「ネグレクト」を受けて育った子供が大勢います。

例えば、親自身が
自分自身の「成功」や「事業」にしか興味がなく

子供にいっさい「関心」や「愛情」を向けずに
育ててしまうようなケースです。

(アメリカでは、このパターンが多く見られるようです。)

このように「ネグレクト」を受けて育った子供は

・「相互的」な普通の「対人関係」を築くことができない

・「自己肯定感」が弱すぎて、「劣等感」が非常に強い

・他人からの「無条件の愛情」を信じることができない

・「パーソナリティ構造」が「不安定」で「脆い」ため
 「不安感」や「恐れ」に苛まれ、衝動のコントロールができない



といったような、特有の「心の歪み」が生じてしまいます。
心理的な「欠損」と言います。

平たく言うと、

親から「ありのままの自分」を
「無条件」に受け入れてもらって、愛してもらった

という経験・感覚が乏しいために

「ありのままの自分」でいいんだ
自分は「これでいいんだ」

という「自己評価」「自己肯定感」が非常に弱いのです。


これが、彼らの「パーソナリティ」が
きわめて「不安定」で「脆い」こと

そして、常に漠然とした
「不安感」や「焦燥感」「被害妄想」に追われていること

の原因となっています。

つまり、パーソナリティー障害や
そこから派生する「精神病」の多くが

過去の成育歴において、

健全な「親子関係」が築けず
「育てられ方」がまずかったがゆえに

「心」の発達・成長がうまくできなくて
歪んだ状態、未成熟な状態、で止まってしまっている


というのが、その原因(後天的な環境要因)なのです。

マーラー、スターン、ウィニコット、コフートといった
現代の精神分析家における「共通理解」となっています。)

なので、彼らの「治療」「カウンセリング」は
いわば「育て直し」に近くなります。

未発達になっている「心の歪み」
「不安定すぎる自我の構造」と向き合って

それを「よりベターな状態」「安定した状態」へと
修正・補強していければ、患者さんは良くなっていきます。

しかし、大川隆法のように、
もう中年を超えた「いい年」になってしまうと

その歪んだパーソナリティー傾向に修正を加えることは
まず「不可能」となります。

根治療法は行えず、対処療法しかできません。


<「優秀な兄」が「親の関心」を独占していた>

大川隆法(中川タカシ)の成育歴をみる上で、

「富山誠」(中川力)という「兄」の存在
「深い影」を落としています。

父母の関心と愛情は、
この「優秀な兄」へと全て注がれていて

兄よりも「無能」な自分は
いつも「無視」されてきたわけです。

父・善川三郎も「自己愛性人格障害」の傾向性が疑われますが

「優秀」「有能」であれば、その子供に関心を持つけれど

そうでない「劣等」「無能」な子供には無関心である


という「不安定な養育態度」を示すことになります。

なぜならば、こうした父母にとっては
「自分の価値」と「子供の価値」がリンクしています。

「子供が有能」であれば、
自分が偉くなったような気がするために

「自分の劣等感」を埋めてくれるような
「有能」「優秀」な子供への期待が膨らんでいくのです。

そうして、中川家においては

「優秀な兄」だけが、
父母の関心と愛情を独占することになり

兄より「格段劣った弟」であったタカシ君は、
父母の関心の「蚊帳の外」でした。

中川隆(大川隆法)は

親に見放され」「親に無視され」て
育ってきた子供
だったわけです。

父母から「関心」「愛情」を受けるためには
「優秀」な「凄い存在」にならなくてはなりません。

こうして、果てなき「背伸び」「上げ底」が始まります。

自分自身に対する「自己評価」「自己肯定感」が
非常に弱く脆いために

その「欠損」を補うために
過剰なまでの「自画自尊」「万能感」を求めるわけです。

いかに自分が「有能」で
「優秀」な存在であるかを常にアピールして、

他人からの「称賛」「評価」をもらい続けなければ

彼らは「ありのままの貧相な自己像」
「無能」で「劣った」「ダメで惨めな自分」に

すぐに「舞い戻って」しまうのです。


こうして、自己愛性人格障害者たちは

「自己陶酔」「万能感」に満ちた「有頂天」状態

「自己否定」「無力感」に満ちた「重度の鬱」状態 とを

常に不安定に「行ったり来たり」を繰り返します。

根深い「劣等感」「無力な自己像」を打ち消すために

「自分はすごい人間」「すごい優秀」なんだという
「誇大自己妄想」「幼児的な万能感」
を膨らませます。

この傾向性が、いよいよ「度を超え始める」と

「精神病質」の「幻覚」「幻聴」にまで移行していきます。

これが、重度の「自己愛性人格障害」です。

(ちなみに「精神病質」の「幻覚・幻聴」になるのは
「自己愛性人格障害」からだけではありません。
「ボーダーライン」や「シゾイド」といった
「別の種類の人格障害」から移行するパターンが大半です。)

スポンサーサイト

大川隆法の正体 「重症の自己愛性人格障害者」

しばらくぶりの記事更新となります。

大川隆法の正体(人間性)は
「重症の自己愛性人格障害」である
、というテーマです

----------------------------------------------

<「自己愛性人格障害」=「こんなに凄い私を称賛しなさい」という病気>


もうすでに、多くの信者さんが
「脱会」を始めているわけですが

その最大のキッカケは、
選挙騒動、大川きょう子との離婚問題
最近の「霊言のお粗末さ」
を通じて

どうも「この大川隆法」という教祖は

「まともな人間性じゃない」

「やってることが、どうも異常すぎる」

「言ってることも、ウソだらけ」

「平気でウソをついても、自己反省のカケラもない」

「他人を道具のように扱っても、良心の呵責すら感じないらしい」



という劣悪な実態が、誰の目にも明らかになってきたことでしょう。


「霊言は、大川のサル芝居」

「教義は、他宗のオカルト知識の寄せ集め」

「救世主なんてのは、まったくの大ウソ」


と本当の姿が「バレて」しまったわけですね。

「ペテン」がばれて
誰にも通用しなくなったペテン師ほど
この世に哀れな者はいません。


自己愛性人格障害1


さて、こうして明らかになった「大川隆法の素性」ですが

その特質をよく見れば、精神病理学で言われている

「自己愛性人格障害」という症例に
ぴったりと符合することが分かります。


例えば、wiki(アメリカの診断基準DSM-4)では
以下のような定義がされています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

①「自己の重要性」に関する「誇大感覚」

(例:自己の業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず
   「特別に優れている」と認められることを強く期待する)

②自分は、限りない成功、権力、才能を持っている
 という「都合のよい妄想」にとらわれている。

③自分は「特別な存在」である
 他の特別な、地位の高い人達にしか理解されない、という思い込み。

④「過剰な称賛」を求める自己顕示欲、虚栄心の強さ

⑤「特権意識」、つまり、特別有利な取り計らいを求め
 「自分の期待」に自動的・盲目的に従うよう、周囲の人間に強いる独裁者性向。

⑥ 対人関係では、相手を不当に利用する。
 「自分自身の願望」を達成するために、平気で他人を利用する。

⑦「共感能力の欠如」
「他人の気持ち」を認識しようとしない、またはそれに気付こうとしない。

⑧自分より評判の良い他人に「嫉妬する」
 または、他人が自分に「嫉妬している」のだと思い込む。

⑨「尊大で不遜」な行動、または態度が際立つ


5つ以上が当てはまると、
「自己愛性人格障害」の可能性が高い。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ということなのですが、

大川隆法は見事に「フルスコア」を叩き出しそうな勢いです。

・異常なまでの「虚栄心」「自己顕示欲」の強さ

・自分を偽って「特別な存在」「凄い人間」だと見せたがる傾向性

・そのためなら、平気でウソを言い、他人を道具のように操作する

・自分を「特別な独裁者」と考え、周りの人間を
 自分を称賛するために役立つ「道具」としてしか見ていない


こうした病状、症例は、
昨今の大川隆法自身の言動を見れば、誰にも明らかに分かることです。



<「特別なすごい自己イメージ」が「彼らの栄養源」>

幸福の科学の教義は、

大川隆法自身の「自己愛的傾向」によって
大川の「虚栄心」を満足させるように歪められています。

つまり、あの教義の本性は、大川自身が自分の
「自己愛」を満たすためのパラノイア(妄想体系)です。

GLAやら生長の家といった
他宗のオカルト教義を寄せ集めて

さらに、大川自身の「自己愛」「虚栄心」を満足させるように

「寄せ集め教義」を捻じ曲げて、歪めていけば、

「大川隆法=生き神・根本仏」というような
「異常な教義」ができあがるわけです。


自己愛性人格障害の人たちは

自分を「特別に優れた存在」「優越した存在」だと
他人から称賛され続けることを、切実に求めます。

これが無いと、彼らは自分たちの
「脆い不安定なパーソナリティー」を支えられません。

こうした「特別に優れた自己像」に酔うことを
「誇大自己感」「幼児的な万能感」と言いますが

こうした「自己称賛」を異常に求める
歪んだ自己愛的な傾向性が極限にまで行くと、

「自分が全世界を作った神」であって
「特別な存在」として私を称賛すべきであるのだ

という「異常な自己愛的妄想」にまで行きつくわけです。

しかし、この異常な「虚栄心」「自己評価欲」の裏には
根深い「劣等感」が潜んでいるものです。

実際のところ、本人も無意識では
自分の「無能さ」「つまらなさ」「劣等性」に気がついています。

本当は、自分が盛んに喧伝しているほど
「特別に優れた存在」でもなければ、
卓越した能力も持っていない

それが、彼らの「実像」「実態」なのです。

しかし、自己愛性人格障害の人たちは
「ありのままの自己」「等身大の現状」を
受け入れることができません。


実際よりも「何十倍、何百倍」も、
自分を大きく見せなければならないという
「狂気じみた自己演出」の努力を行うはめになります。

彼らはいわば
「現実の自分」を「客観的に直視できない病気」です。

「ありのままの現実の自分」を受け入れがたいために
「脳内妄想」「都合の良い夢想」に逃げ込もうとします。

こうした「無意識に行われる現実逃避」のシステムを
心理学では「防衛機制」と言いますが、


「否認」=「現実」を否定して、無かったことにしてしまう。都合の悪い現実は見えない。

「反動形成」=「現実」の自己像を覆い隠すために、正反対の自己像を演出しようとする。

「合理化」=「現実」をありのままに受け入れられないため、自分に都合のよいように「歪めて解釈する」


大川隆法の言動には、
こうした「幼児的な防衛機制」がフル動員されています。

大川隆法が盛んにやっている
(というか、彼はそれ以外には「何もできない能無し」ですが)

ハッタリ、ホラ吹き、大ウソ、を繰り返して
「特別に素晴らしい自己像」を演出しようと必死になるわけです


そして、どうだ自分は「こんなに有能で特別な存在なのだ」
という自画自尊と、周囲からの称賛を実感できなければ

「自分はなんてダメで、無能な、つまらない人間なんだ」
という極端な「ウツ状態」に陥ります。

彼らは、傲慢不遜の「誇大自己」を膨らませて
有頂天になっている自己陶酔のなかで、
「幼稚な万能感」に浸っていることを求めるわけですが

この試みが失敗したら
すぐに「惨めで哀れな自己イメージ」へと転落します。

現在の大川隆法は、おそらくこの状態でしょう。
「極度のウツ状態」「破壊された誇大自己感」が特徴です。

彼らは、このように

「誇大自己像」を膨らませて、万能感に酔いしれる
傲慢不遜の極み、にある状態


現実の「惨めで無能な自己像」を直視させられ
フタをしていた「深い劣等感」に打ちのめされて
「極度の鬱」に陥る状態
との

正反対の「2つの極」を交互に行ったり来たりしています。

これは、教祖である「大川隆法」本人を見ていてもそうであるし
幸福の科学の「典型的信者」もまた同様であることがお分かりでしょう。

彼らには
いつもの「傲慢不遜さ」「万能感の強さ」の裏で

「些細な批判や挫折」には、たいへんに脆い
という共通した傾向性があります。

この「極端すぎる両極性」「自己イメージの脆さ」も
自己愛性人格障害の特徴だと言えます。

彼らの妄想している「誇大自己像」や「万能感」は
しょせんは「にわか作りのメッキ」にすぎません。


自分の脳内で、勝手に主観的に膨らませている
「現実に根拠をまったく持たない夢想」にすぎません。


だからこそ、些細な批判を受けたり、挫折体験によって

ボロボロと簡単にメッキが剥がれおちて、
現実の「ありのままの自己」を
嫌でも直視させられる事態に陥ると


彼らは「誇大自己像」によって支えられていた
「万能感」「浮揚感」「高揚感」「自己肯定感」を失って
急激に「しぼんで」しまいます。

つまり、この意味では
彼らは「非常に脆くて弱い人間」なのです。

なぜならば、彼らが「肯定的な自己像」
「万能感」「高揚感」を持ち続けるためには

周囲の他人から「称賛」をもらい続けなければならず
「他人の評価」に全面依存しているからです。

自分で「自分を支える力」が弱く、
肯定的で、安定した「自己像」を維持することができないため


「狂気じみた演出」に明け暮れ
「他人からの無限の称賛」を求めざるを得なくなるのです。

こういうふうに、見ると
「幼稚」で「不安定」で「極端」な人格である。

いわゆる「アダルトチルドレン」そのものだ
ということが、お分かりかと思います。

では、こうした「自己愛性人格障害」というものは
どういった因果関係によって、形成されるのでしょうか?

それには、彼らの生まれ育った家庭環境、成育歴
特に、母子関係、父子関係に光を当てなければなりません。

そこには、親の「極端な養育態度」があります。

彼らの親は、子供を「全く無視するか」
ある条件を満たせば「異常に溺愛するか」のいずれかです。

「心理的なネグレクト」(無視)をずって受け続けて育ったため
彼らの内面には「健全で肯定的な自己イメージ」がうまく成長していません。

次回は、大川隆法の育てられた家庭環境を見ながら
なぜ、大川があんな異常人格になってしまったのか

について、解き明かしてみたいと思います。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

remonstrateHS

Author:remonstrateHS
教団ぐるみで隠蔽されている「大川隆法の実態」「教団内部の実態」「教義や霊言のウソ」を知り、数年前に「脱会」した元信者です。

「教団の被害」に逢われている方、脱会を検討している現信者さんの「脱会の手助け」になれればと思っています。

支部精舎での活動実態、総合本部・政党の実態など、私が(婦人部)活動中に知りえた「内部の事実」をお伝えします。

教団が発表するお決まりの「ウソ情報」「大本営発表」に騙され踊らされないように、正しい情報を見極める力を持って頂ければと思います。

月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる